パーソナリティ障害とかについて

今日は4時半に起きました。昨日3時間睡眠だったにも関わらず今日も4時間半しか眠れませんでした。なんとか寝ようかと思ったのですが目が覚めてしまっているので、仕方なく昨日買っておいたおにぎり食べて歯を磨いて活動を始めました。最近歩いていないなぁと思い近い方のコンビニまで歩いて行ってクラフトボスを買ってきて目を覚まし、昨日あまり手を賭けられなかったブログに取り掛かります。

ブログが複数あるので更新はかなりの時間がかかります。このADHDのブログを最後にまわして6時間かかっています。これに更に追加でもう1サイトやってみようかと思案中です。そういえばアドセンスを申請しようとしたらアカウントが無効になっていて申請できませんでした。昔なにかやった記憶がありますが、もう覚えていません。再開申請が通ればいいのですが、どうなるのか不明です。

Twitterのフォローしている方のツイートでパーソナリティ障害について自分がそうなんじゃないかと疑っている人がいました。僕の経験上だとパーソナリティ障害になる人は環境がよっぽどじゃないとならないので、大体ADHDとか躁鬱とか別の病気であることが殆どです。僕も自分がパーソナリティ障害じゃないかと考えたことあるんですが、症状だけ見るとあてはまってしまうことがあるんですよね。健常者が多少の事で自分がADHDじゃないかと疑っているのと同じだと思います。ADHDのミスをしやすいというところだけクローズアップして、自分もミスが多いからADHDじゃないかと。自己診断はだいたい間違っています。DSM-5にそってカウンセラーに調べてもらうのが一番間違いないです。

自分が生きていて苦しいと思っているのなら、それはパーソナリティ障害とかではなく、はっきりとした病気である場合が多いと思っています。病気であるなら薬で緩和できますし、ADHDも薬で緩和できます。ASDだとリスパダールとエビリファイが攻撃性に効くぐらいでその他の症状には手を打てなくて辛いですが、ASD以外のその他の精神症状でしたら薬で緩和できるので病気の方がまだましです。
精神病と言われるくくりにはいろいろな病気がありますが、鬱や躁鬱やADHDは対処できる薬があるだけまだましだと思っています。統合失調症で入院やむなしという方もいらっしゃる事を考えれば、苦しみながらも社会でなんとか生きていけるのは自尊心が保てます。

僕は休職中ですが、病気療養で会社を休んでいられるのは本当に素晴らしいと思っています。感謝しながら生きていきましょう。

筆者 竹中@ADHD

若いころは鬱に悩まされてきたがADHDと躁鬱であることが判明し、病状が安定しだす。人生何回もずっこけてもそのたびに立ち上がり人生をやり直してきた初老。ADHD/躁鬱と共に生きていく覚悟を決めて会社組織の底辺で細々とくらす。ADHDの気づきなどをブログに残し誰かの力になれたらと思いこのブログを執筆する。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>